中野区 新井薬師前の歯医者 あおい歯科クリニック

あおい歯科クリニック

03-5942-9208

あおい歯科クリニック

入れ歯

健康を守る役割を果たす入れ歯


プラスチックの入れ歯(保険)

むし歯や歯周病などにより、残念ながら歯を失ってしまった場合、入れ歯を作り、噛む機能の回復をはかります。

入れ歯は、食事をする際の助けとなるばかりでなく、歯がなくなることによって起こる発音能力の低下や、顔かたちを整えるためにも役立っています。さらに残っている歯や歯のまわりの組織を守る・・・など、多くの目的のために必要なものです。
しかし、痛い、よく噛めない、話しづらい、バネが目立ち気になる、落ちてくる、はずれてしまう・・・などの声もよく聞きます。

設計(負担する粘膜の部分を大きくするか、小さくするか、バネをどの歯にかけるかなど)や材質(粘膜にあたる床と呼ばれるところを、プラスチックにするか、金属でつくるか)により、長所・短所があり、さまざまな選択肢があります。お困りのことをよく伺ったうえで、最善の方法を考えてまいります。

さまざまな種類の入れ歯

自由診療(保険外)の入れ歯について

自由診療の入れ歯は、作製に高い歯科技工的な技術、作業を必要とするために、日数がかかり、費用も高価になります。
しかしながら、残った歯を長く維持できる、また、機能性、審美的にも優れているという点で、保険の入れ歯とは格段の差があります。

 

金属床義歯
金属床
金属床の入れ歯


左:プラスチックの入れ歯(保険)
右:金属床の入れ歯

総入れ歯

入れ歯の床(ピンク色の部分)を金属にすることで入れ歯を薄くすることができます。床の部分の厚みや、大きさなどは、違和感の軽減につながる大きな要素です。

 

部分入れ歯

部分入れ歯の場合はなにより、金属の床の部分とバネが一体になっていますので、丈夫でたわみにくく、出し入れするたびに残っている歯にかかる負担が少なくてすみます。噛み心地も格段の差があります。残っている自身の歯を長く維持するという意味では、保険の設計とは大きな差があります。

 

審美性に優れたバネのない義歯(スマイルデンチャー)

スマイルデンチャーは、金属のバネが無い審美性に優れたものです。見た目に、義歯と気づかれないという点が大きな長所です。
スマイルデンチャーの材質は、アメリカTCS社のアンブレイカブル(壊れないという意味)という名のナイロン樹脂を使っています。

特徴としては

  • ・金属のバネがないので、入れ歯ということがわからない
  • ・割れない
  • ・うすく軽いため違和感が少ない
  • ・発音しやすい

入れ歯を新しくした際の注意事項

調整

装着直後は入れ歯が硬い骨や粘膜に当たって痛みが出たり、噛み合わせがうまくいかない、しゃべりにくいなどの問題が起こることもあります。
そういった部分を拝見して快適に入れ歯を使えるようにするためには、通常数回の調整が必要になります。

 

入れ歯の取り外しや装着

入れ歯をいれてすぐは、取り外しや装着がスムーズにいかない時があります。
だからといって、無理な力を加えたり強引なやり方をすると入れ歯が変形したり破損してしまう可能性がありますので、慣れるまでは丁寧に取り外し、装着をして下さい。

 

入れ歯は清潔に

入れ歯を拝見すると、手入れをされていないものをみることがあります。まれに、お口からはずしたことがないという方がいらっしゃいますが、実は、入れ歯も細菌の温床となります。特に抵抗力のおちた方で、手入れをしていない入れ歯を入れていると、カンジダ菌という真菌(カビの一種)が増殖し、粘膜が真っ赤になり痛みます。
入れ歯ははずして、キュッキュッとなるまで、きれいに洗ってください。
丁寧に洗ったあと、入れ歯洗浄剤で、洗浄してください。

入れ歯は、失った機能を回復するご自身の体の一部と同じですから、丁寧な取り扱いが大切です。